【おすすめ】【電力会社】昼間しか電気を使わないならシン・エナジー

生活

家庭でも事業でも毎月の固定費はできるだけ削減したいですよね。特に水道光熱費、通信費は一生払っていくものなので長期的に考えると月々が少しでも安いほうがその効果は大きいはず。

この記事では私が選んだおすすめの電力会社をご紹介します。特にこんな方におススメです。

  • 日中は仕事なので自宅の電気は使わない。
  • 電気を使うのは9:00~18:00の間だけ。

満遍なく電気を使う方におススメなのはこちら

【おすすめ】お得な時間帯を選べるシン・エナジー

時計

シン・エナジーがおすすめな理由は自分が多く電気を使う時間帯によってお得な電気料金プランを選択できるからです。

例えば昼間は仕事に出ているので家にいないという場合は、夕方から夜間の時間帯に電気使用が集中しますよね。この時間帯の電気料金が割安だったらすごく経済的ですよね。

逆に個人事業で日中しか使っていない事務所があるなら早朝や夜間帯に電気を使うことがないので日中の電気代が安かったら経費削減につながりますよね。

このように電気を使う時間帯が限られているのならシン・エナジーの時間帯プランがおすすめなんです。

シン・エナジー

シンプルなプラン内容でわかりやすく安心

私がシン・エナジーを選んだ理由の一つにプランのシンプルさにあります。

他の電力会社にも深夜帯に割安になったり総長が割安になったりするプランはありますが一定量からは金額が上がったりするなど条件があったりします。

シン・エナジーはそのような余計な条件がないので契約前の試算もしやすいんです。

そもそも全体的に割安な料金プラン

シン・エナジーは余計な経費をカットすることで基本的な料金そのものを低価格にしています。他の電力会社の時間帯プランと比較するとよくわかります。(表は東電エリアの料金です。)

電力会社契約アンペア(A)基本料時間帯料金(1kwhあたり)
シン・エナジー40A1,220円19銭22時~8時17円13銭
エルピオでんき40A1,086円80銭23時~6時20円87銭
お得な時間帯を似た商品と比較

基本料はエルピオでんきのほうが安いですがこの金額差だと35kwh以上使った場合、シン・エナジーのほうがお得になります。料金表を見るとわかりますが35kwh以上使わない月はまずないと思います。

日中しか使わないなら昼とくプランの一択!

実は日中がお得なプランは今のところ他社には無いようです。このプランがおすすめなのは特に個人事業で事務所を構えて日中仕事をしている方です。(表は東電エリアの料金です。)

電力会社契約アンペア(A)基本料時間帯または段階料金(1kwh当たり)
シン・エナジー40A629円20銭9時~18時21円05銭
従量電灯B(東電)40A1,144円00銭120kwhまで19円88銭
120から300kwhまで26円48銭
300kwh以上30円57銭
料金の比較

日中しか電気を使わない場合、計算するまでもなくシン・エナジーのほうが電気代が安くなります。これが事務所等で日中しか使わない方におススメする理由です。

生活スタイルが変わった今だからこそ見直すべき

新型コロナウイルスの影響で生活スタイルが変わった方は多いと思います。そんな今だからこそ電気料金を見直すことをお勧めします。

テレワークで日中、自宅にいる時間が増えたとか、営業時間を見直し時短営業しているといった方はシン・エナジーの料金プランが最適かもしれませんよ。

シン・エナジー

コメント

タイトルとURLをコピーしました